合同業界研究会とは

画像

2021年2月開催の「島根大学合同業界研究会」は、様々な業界・業種の企業が142社(2020年12月末段階)参加し、島根大学に在学している学生のみが参加できる山陰地域最大ともいえる研究会です。 これから就職活動を始めるみなさんにとって、幅広い業界・業種の企業のことを知る貴重な機会になります。 今まで知らなかった業界や企業のことを知ることで、新たな発見や志望する業界・企業が見つかるかもしれません。先入観をいったん捨てて、多くの企業に出会うことにチャレンジしてみてください。 就職活動の幅が大きく拡がるはずです。

今回は新型コロナウィルス感染症の感染防止のために、参加する企業も、参加する学生の皆さんもZoomミーティングシステムを利用したリモート参加になります。 2021年1月現在感染拡大が続いていますが、リモート参加にしたことで安心して「合同業界研究会」に参加していただくことができます。 ぜひ積極的にこの「合同業界研究会」に参加してみてください。

参加メリット

1気軽かつ効率的に情報収拾ができる

何社もの会社説明会に行くのは交通費もかかるしスケジュール調整も大変ですが、合同業界研究会は1日でたくさんの企業の情報を得ることができます。多くの企業が参加するため、その場で比較・研究をしてみましょう。

2企業の雰囲気を感じられる

インターネットや紙媒体では企業の雰囲気がつかみにくいものです。合同業界研究会なら企業の人事担当の方から直接話を聞き雰囲気やどんな人がその企業で働いているのかなどを感じることができます。

3気軽に何でも質問できる

直接企業の担当者と話すことができるチャンスです。自社開催の説明会や面接のときには聞きにくいような質問も気軽にできるのが魅力です。事前に業界・企業研究をして担当者に質問しましょう。

4知らない業界・企業を訪問して
新しい発見を

今まで知らなかった業界や企業を訪問してみることで、新たな発見や自分の志望する業界・企業が見つかるチャンスかもしれません。視野を広くして先入観を捨て、いろいろな企業を訪問してみましょう。